ボン・ジョビ

ここでは、「ボン・ジョビ」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOPフリーエリア

本サイト サドンアタック戦略のブログ・おすすめサイト・洋楽情報
ここは上記のミラーサイトです。本サイト掲載後24時間後に更新予定


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bon Jovi


メンバー
ジョン・ボン・ジョヴィボーカルギター 他)
リッチー・サンボラギター 他)
デイビット・ブライアンキーボード
ティコ・トーレスドラムス
ヒュー・マクドナルドベース



1984年、アルバム『Bon Jovi/夜明けのランナウェイ』でデビュー。キーボードを多用したメロディアスな楽曲で、デビュー当初はアメリカよりもむしろ日本で人気を集める (これが日本贔屓になった原因らしい)。『夜明けのランナウェイ』は1986年に麻倉未稀 によって日本語カヴァー され、TBS 系ドラマ『乳姉妹 』の主題歌に使用された。ちなみに同ドラマ主演の伊藤かずえも同曲をカバーしている。

runaway


1985年発表の2ndアルバム『7800° FAHRENHEIT』を発表。アルバムタイトルの7800度は岩(ロック)を溶かす温度である。アルバム中の『TOKYO ROAD』は、日本のファンへの感謝の意を込めて作られた。また、離別の寂しさを歌った曲が多いのは、1stアルバムの成功で生活が一変し、メンバー全員が別れを経験した為であると言われている。また、ジョンはこのアルバムについて"it could have and should have been a better disk"と語っている。

Tokyo Road


Only Lonely


1986年発表の3rdアルバム『Slippery When Wet/ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』が8週に渡り全米1位になり、1987年年間チャート第1位を獲得する。シングル2曲(『You Give Love A Bad Name』『Livin' On A Prayer』)は優れたプロモーションビデオとMTV の強力なプッシュも相まって1位を獲得し、アルバムは全世界で1800万枚を売るなど世界的な人気を得る。

You Give Love A Bad Name


Living on a Prayer


Wanted Dead Or Alive


Let It Rock


Raise Your Hands


Without Love


Never Say Goodbye


Wild In The Streets


1986年の青森公演はボン・ジョヴィの来日歴で、最も人口が少ない都市である。これは当時のプロモーターの意向と、青森県に米軍三沢基地があることに起因するらしいが、当時はまだ世界的ヒットになった「Slippery When Wet」がリリース前であり、地元TV局の懸命なパブリシティも虚しく、会場は1階席を埋めただけであった。



1988年発表の4thアルバム『New Jersey/ニュージャージー』も全米、全英1位を獲得する。また、シングル2曲(『Bad Medicine』『I'll be there for you』)も全米1位を記録。しかし、2年近くに及ぶ世界ツアーと連日のハードスケジュールでメンバー全員が消耗しきってしまい、その後ジョンやリッチーといった中心メンバーのソロ活動が活発になり解散の危機が騒がれる(なおリーダーのジョンは1990年ソロでも『Blaze Of Glory/ブレイズ・オブ・グローリー』で全米1位を獲得)。


Lay Your Hands On Me

Bad Medicine

Born To Be My Baby

I'll Be There For You

Living In Sin


Blaze Of Glory

1992年 、解散の危機を乗り越え5thアルバム『Keep The Faith/キープ・ザ・フェイス』で復活、アメリカにおいてはニルヴァーナ をはじめとするオルタナティブロック 全盛の中でチャート的には苦戦を強いられたが(全米5位)、カナダやヨーロピアンチャートでは年間1位の売上を記録、日本でもヒットした。


Keep The Faith


Bed Of Roses


1994年 デビュー10周年を記念して発売されたベストアルバム『Cross Road/クロス・ロード』からシングル『Always/オールウェイズ』が大ヒット(全米4位)。また、同アルバムにはアメリカ版、日本版、インターナショナル版の3種類があり、それぞれ、アメリカ版は『Livin' On A Prayer』のリメイク曲である『Prayer '94』(10曲目)、日本版は『TOKYO ROAD』(10曲目)、インターナショナル版は『In these arms』(8曲目)と収録曲が1曲だけ異なる。日本では初のオリコンチャート1位を獲得。なお、『Cross Road』発表後にベースのアレック・ジョン・サッチが脱退。脱退の理由はもめ事ではなく、純粋にアレックが疲れたため(アメリカ国内でバイク屋を営みたいとの理由であった)。日本へのツアーでもたびたび来日し、デイヴィッド・ブライアンと阪神タイガースの帽子をかぶっているほど日本通で、好きな食べ物はナマコ と言っていた[。脱退後も度々、ボーカルのジョンやギターのリッチーとセッションを行っている。

後任ベーシストとして旧友であるヒュー・マクドナルドを招く。ヒューは、ティコの強い推薦で参加したようだが、正式メンバーではなく、サポート扱いである。アレックとメンバーとの友情から正式な後任メンバーは迎えない方針と言われている。


Always

Prayer 94

In these arms

This Ain't A Love Song


1995年 発表の6th『these days/ジーズ・デイズ』を発表。ダークな曲やダウンビートな曲が多く、それらR&Bに影響を受け作られた。日本では2作目の首位獲得。


hey god

These Days


Something For The Pain


lie to me




2000年 、『These days』以降、再びソロ活動が活発になっていたが、7th『Crush/クラッシュ』を発表。『These days』とは対照的に、明るい曲の多いアルバムである。『Thank you for loving me』がテレビ朝日系ドラマ『29歳の憂うつ・パラダイスサーティー』の主題歌、『Next 100 years』をJ-FRIENDSに提供するなど、日本に所縁の深いアルバムになる。

Thank You For Loving Me


It's My Life



Next 100 years


2002年 には、8thアルバム『Bounce/バウンス』を発表する。日本での発売日、9月11日が示すようにアメリカのテロを歌った曲が多いアルバムである。日本でも『Everyday』、『BOUNCE』、『The Distance』がシングルカットされる。『BOUNCE』はフジテレビ系『ダブルスコア』の挿入歌、『The Distance』はアサヒ・スーパードライのCM曲に採用される。

Everyday


BOUNCE


The Distance


2003年 、20年目の節目の年にそれまでのヒット曲をアコースティックバージョンに編集したアルバム、『This Left Feels Right/ディス レフト フィールズ ライト』を発表。日本では全世界に先駆け、先行発売される。また、インターナショナル版には1曲、日本版にはインターナショナル版+2曲のボーナストラックがクレジットされる。こういった所に彼らの日本への愛着が色濃く出ていると言える。


2004年 には、トータルセールス1億枚突破を記念して、それまでの未発表曲を収録した4枚組(日本盤のみプラスボーナスCD1枚)のボックス・セット、『100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG』を発表。未発表曲に加えて、リッチーのソロナンバーやデイヴ、ティコの歌うレアな曲まで収録されている。


2005年 9月14日にオリジナルアルバムとしては3年ぶりとなる9thアルバム『Have A Nice Day/ハヴ・ア・ナイス・デイ』が日本で先行発売された。9月11日から同アルバムのプロモーション来日の折り、TBS「とくばん」(22日放送)に出演しトークの他、同タイトル曲を披露した。アルバム『Have A Nice Day』はオリコン 総合アルバム・チャート1位を獲得、シングルも総合シングル・チャート初登場10位だった。オリコンアルバム・チャート1位は『these days/ジーズ・デイズ』以来10年ぶり、通算では3枚目の首位獲得であり、これは洋楽バンド史上最多である。シングルTOP10入りも洋楽バンドとしては23年ぶりの快挙であった。アメリカではカントリー調の『Who Says You Can't Go Home』がシングルヒットした。


Have A Nice Day


Who Says You Can't Go Home


2007年 、2月14日Bon Joviは、第49回グラミー賞 Best Country Collaboration With Vocals部門で『Who says you can't go home』(Bon Jovi & Jennifer Nettles)が受賞した。また、6月13日には、ニューアルバム『Lost Highway/ロスト・ハイウェイ』をリリース。『Have A Nice Day』に引き続き、アメリカに先駆けて発売された。同アルバムは前作に引き続き通算4枚目のオリコン 総合アルバム・チャート1位を獲得し、ビートルズベイ・シティ・ローラーズ の記録を抜き、洋楽バンドにおける首位獲得数歴代単独1位となった。獲得数記録更新はベイ・シティ・ローラーズ (1977年7月25日付のLP『恋のゲーム』)以来で、実に29年11ヵ月ぶりの快挙である。また、ビルボード チャートでも『New Jersey』以来19年ぶりとなる1位を獲得し、日米同時1位を初めて達成した。さらには、6月17日付けの全英アルバムチャートでは初登場2位を獲得。また、同アルバムからのファーストシングルとして『(You Want to) Make A Memory』が6月6日リリースされた。


You Want to) Make A Memory


Lost Highway


Till We Ain't Strangers Anymore

ディスコグラフィ

※日付はすべて日本発売日

オリジナルアルバム

  • 1st 夜明けのランナウェイ (1984年5月21日)
 全米最高43位、2xプラチナム 獲得(US)、世界総売り上げ400万枚
  • 2nd 7800°ファーレンハイト (1985年4月15日)
 全米最高37位、プラチナム獲得(US)、世界総売り上げ350万枚
  • 3rd ワイルド・イン・ザ・ストリーツ (1986年8月25日)
 全米最高1位、12xプラチナム獲得(US)、世界総売り上げ2800万枚
  • 4th ニュージャージー (1988年9月19日)
 全米最高1位、7xプラチナム獲得(US)、世界総売り上げ1600万枚
  • 5th キープ・ザ・フェイス (1992年10月30日)
 全米最高5位、2xプラチナム獲得(US)、世界総売り上げ1300万枚
  • 6th ジーズ・デイズ (1995年6月12日)
 全米最高9位、プラチナム獲得(US)、世界総売り上げ1000万枚
  • 7th クラッシュ (2000年5月17日)
 全米最高9位、2xプラチナム獲得(US)、世界総売り上げ1100万枚
  • 8th バウンス (2002年9月11日)
 全米最高2位、ゴールド 獲得(US)、世界総売り上げ400万枚
  • 9th ハヴ・ア・ナイス・デイ (2005年9月14日)
 全米最高2位、プラチナム獲得(US)、世界総売り上げ450万枚
  • 10th ロスト・ハイウェイ (2007年6月13日)
 全米最高1位、プラチナム獲得(US)、世界総売り上げ330万枚

ベストアルバム

  • クロス・ロード (1994年10月7日)
  • Tokyo Road (2001年3月28日) *日本独自企画版
  • ザ・プレミア・コレクション ~100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング (2004年12月15日)

ライブアルバム

その他・コンピレーションアルバム

  • ディス・レフト・フィールズ・ライト ~バック・アット・ザ・クロス・ロード (2003年10月31日)
  • ハヴ・ア・ナイス・デイ ~ジャパン・ツアー・エディション~ (2006年3月22日) *日本独自企画版
  • ロスト・ハイウェイ ~ジャパン・ツアー・エディション~(2007年12月31日)

以下赤文字は上部にある為省略してあるのもあります。

  • 2008年 : Lost Highway Tour
『ロスト・ハイウェイ (アルバム)|ロスト・ハイウェイ (アルバム)』のタイトルを冠したワールド・ライヴ・ツアーの日本公演。基本的なセットリストは前述のアルバムから選曲されている。出演メンバーは、通常メンバー+ヒュー・マクドナルド+エレクトリックギター+バイオリン(女性)の7人構成。
基本セットリスト(1月13日の例)
  1. LOST HIGHWAY
  2. BAD NAME
  3. RAISE YOUR HANDS
  4. RUNAWAY
  5. RADIO SAVED MY LIFE
  6. STORY OF MY LIFE
  7. IN THESE ARMS
  8. (YOU WANT TO) MAKE A MEMORY
  9. WHOLE LOT OF LEAVIN'
  10. BORN TO BE MY BABY
  11. ANY OTHER DAY
  12. WE GOT IT GOIN' ON
  13. IT'S MY LIFE
  14. BAD MEDICINE / SHOUT (アイズレー・ブラザーズ のカバー)
  15. THESE DAYS (通常のジョンではなく、リッチー・サンボラがボーカル担当)
  16. KEEP THE FAITH
  17. I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD
  18. WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME
  19. LIVIN' ON A PRAYER
ENCORE:
  1. HAVE A NICE DAY
  2. WANTED DEAD OR ALIVE
  3. I LOVE THIS TOWN
  4. CAPT. CRASH



ウィキペディア(Wikipedia)より引用


注)すべての動画が表示されるまでしばらくお待ち下さい。



特別編集 Lost Highway Tour

ツアーの曲順に編集した再生リストを ルーム
の左下に設置しました。

ルームでお楽しみ下さい。

(プログページではHTMLエラーが出て再生リストが貼り付けれない為)


ボンジョビ全集保存版



他アーティスト全集保存版も定期的に追加予定です。


ルーム に書いてあるオススメミュージシャンがメインになります)



あなたは ボン・ジョビのどの曲が好きですか?

お気軽にコメントお願いします。

ブログパーツ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。