FC2ブログ

二酸化炭素(CO2)排出による(地球温暖化詐欺)

ここでは、「二酸化炭素(CO2)排出による(地球温暖化詐欺)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回紹介するのは、現在世界各国で問題となっている地球温暖化に関することです。




4つの目で世の中を考える
さんでも取り上げている記事である。



たぶん、ほとんどの人達が地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)の排出の増加が原因だと


思っていることでしょう。


しかし、下部にある動画を観ればその考えが変わることは間違いありません。


そもそも、地球温暖化と世間で騒ぎ始められ、その検証しているTVの特番等を観てもここ100年くらいの気温の変化でしか話をされていなくそれ以前のことは語られることなく工業化による二酸化炭素(CO2)の増加が原因だと結論付けられている番組が多いです。


本来地球は気温が常に変化しながら45億年きています。




ここ100年の気温上昇が異常と言われていますが、地球規模で見たら決して異常でもなんでもないただの自然現象だと考えたほうが妥当です。


シロクマにしたって数千年前の温暖期を乗り越えてきています。環境へ適応するんです。




温暖化で絶滅することはなく他の海洋汚染等での食料不足などが原因だと思われる。




温暖化で北極の氷が全部溶けて世界各地の都市が水没とかはもはやギャグの領域でしょう。




過去の歴史を見ると、今より暖かかった時代はいくつも存在することが分かります。恐竜が栄えたジュラ紀は今よりもかなり温暖でした。

 人類の歴史ならば、5000年前には現在よりも2℃。1000年程前には1℃ほど高かったと推測されています。

 5000年前と言えば、四大文明が発生し人類が繁栄した時代です。降水量が多く、作物に簡単に育つ気候だったため、豊富に食物を収穫できました。


また14世紀ころは、小氷河期にありその前の11世紀あたりはイギリス辺りでもブドウ栽培が可能な温暖な気候であったし、はるか昔縄文時代は、さらに温暖は気候が続いていました。


これら、昔の温暖化についても二酸化炭素(CO2)の増加が原因だと言えるでしょうか?




二酸化炭素と気温の関連については面白いことが分かっています。

 確かに二酸化炭素と昨今の気温には関連性が見受けられます。しかし、それは一般的に考えられているような「二酸化炭素増加→気温上昇」ではなく、その逆に気温が上昇してから二酸化炭素が増えているのです。つまり、気温が上昇したから二酸化炭素が増えたというのが正しい。




二酸化炭素(CO2)は温室効果ガスであるが大気中には約0.054%しか含まれておりません。


他にもある温室効果ガスで有名なものは水蒸気であり大気中に9.8%含まれており、これら温室効果ガスの温暖化に影響を及ぼす割合は水蒸気約95% 二酸化炭素(CO2) 5%である。




また、人間が排出している二酸化炭素の量にしても、動物・落ち葉等の枯れ葉・火山・海の排出に比べたら、微々たるものです。


動物やバクテリアは150ギガトン(年)


人間は6.5ギガトン(年)


秋の落ち葉はさらに多い量で最大の発生源は海である。


海面上昇のメカニズムはよくわかってないが、海は広く深いのでその影響がでてることは数百年から数千年の前の事象が原因だと思われる。




温暖化の原因は、太陽運動説(太陽の運動に関連して、地球の温度が変化しているのは事実)であり黒点周期による影響が大きいのです。


黒点が多いときは温暖化傾向で逆に少ないときは寒冷化している。




まあ、よく考えたら当たり前のことである太陽の光が強いときは温度が高くなるのは必然である。


このことから、二酸化炭素をいくら削減しようとも黒点の活動が活発であるならば温暖化は避けることができない。


それだけ太陽は、地球にとって影響を与え大きなものなのです。




なら、なぜ温暖化の原因を二酸化炭素(CO2)の原因にしたがるかは、政治や経済活動のプロパガンダでしかありません。


太陽が相手では人間ではどうしようもありませんが、自分達が排出する二酸化炭素(CO2)を悪役にしてしまえば、削減もできると考えたのでしょう。


政治なら政策として地球温暖化対策をスローガンとし、経済活動ではエコ表示で(CO2)削減何%だとかどの企業も必死で競っています。


研究者にしても研究名目として二酸化炭素(CO2)削減の研究内容ならば企業からの支援も受けやすい。




その結果、今まで掛けてきた政府・軍・研究資金等があり、現在も環境ビジネスとして排出権・企業のエコ商品等があるので、温暖化の原因に二酸化炭素はあまり関係ありませんと言ってはいけない雰囲気にあると思われる。


しかし、技術の進歩から考えてエコ関係の削減は今までどうり進めてほしいと思います。




下部の動画で詳しく説明されています。自分は一気に全部観ました。


この動画はグーグルビデオですが他動画サイトは関係者(二酸化炭素原因支持者等と思われる)から削除要請があったみたいなので削除される前に閲覧をオススメします。







日本語字幕スーパー付き「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」1/5
 (The Global Warming Swindleのオープニングと、過去の気候変動は明らかに自然変動であったことの説明 12分06秒)







日本語字幕スーパー付き「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」2/5
 (人為的地球温暖化仮説の検証 15分40秒)





日本語字幕スーパー付き「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」3/5
 (太陽による地球の気候コントロールメカニズムの説明と、地球温暖化詐欺が誕生した歴史的背景 18分42秒)





日本語字幕スーパー付き「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」4/5
 (地球温暖化詐欺に荷担したマスコミの実態と、IPCCの実態について 17分01秒)





日本語字幕スーパー付き「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」5/5
 (西洋の環境保護団体がアフリカで行っている地球温暖化対策活動の実態について 11分46秒)





みなさんはどう思いますか?








ブログパーツ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hunter03.blog17.fc2.com/tb.php/103-5e180d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。