PCで宇宙旅行

ここでは、「PCで宇宙旅行」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を旅するMS製ツール「WorldWide Telescope」

WorldWideTelescope_00.jpg MSがリリースした「WorldWide Telescope」は、「GoogleEarthの宇宙版」とでも言うべき宇宙冒険ツール。広大な宇宙を音声ガイドなどを使って自由自在に飛び回ることができるのだ。宇宙飛行士に憧れていた人とかにオススメだぞ。



「WorldWide Telescope」は、まだファーストリリースが登場したばかり。英語版しか存在しないので、音声ガイドが英語のみ/星座名なども英語表示……という問題はある。正直なところ、まだ「万人向け」とは言い難いのだが、それでも宇宙を自由に飛び回る操作感覚は単純に面白い。GoogleEarthにも「Sky」という宇宙モードが用意されているのだが、データの充実度は現時点で既に互角~「WorldWide Telescope」の方が上、という感じだ。デスクトッププラネタリウムツールとしてのデキが非常に良いぞ。いずれ日本語版が登場することにも期待しつつ紹介しよう。

WorldWideTelescope_01.jpg 「WorldWide Telescope」をMSのページ からダウンロードしてインストールし起動。基本操作はGoogleEarthなどと同様のドラッグだ。この手のツールの操作に慣れていれば戸惑うことは少ないはず。

WorldWideTelescope_02.jpg 上部に表示されている星座欄は、下部の矢印ボタンで伸縮する。星座を選択しよう。

WorldWideTelescope_03.jpg 選択した星座に自動移動するぞ。このときの画面効果もいわゆるGoogleEarth的な感じで楽しい。下部には、当該星座周辺のスポットがリスト表示されている。

WorldWideTelescope_04.jpg スポットを選択すると拡大が行われ、右クリックで解説が表示される。

WorldWideTelescope_05.jpg 「Imagery」は表示モード切り替え。ダスト分布やアルファ波などから表示モードを切り替える。

WorldWideTelescope_06.jpg 「Guided Tours」は音声付きのガイド……なのだが、現時点では全て英語だ。リスニングに自信がある人は是非。

WorldWideTelescope_07.jpg

テーマに沿って、画面と音声が連動したガイドが流れる。

教えて君.net より転載)




ブログパーツ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hunter03.blog17.fc2.com/tb.php/35-0f8b29fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。